第2回受賞 友田多喜雄『詩法 -ベトナム反戦と愛の詩集』

第2回(1969/昭和44)受賞

友田 多喜雄(ともだ たきお)『詩法 -ベトナム反戦と愛の詩集』

1931年4月4日、東京生まれ。1945年7月、士別市の開拓地に移住。

1964年離農。札幌に移り、現在は栗山町居住。

詩誌「かるす」(のち「群青」と改題)を発刊、

1951年より谷川俊太郎、茨木のり子、松永伍一らとの交流はじまる。

詩集 『詩法―ベトナム反戦と愛の詩集』 『冬の旅前後』 『友誼果樹園』 、

詩画集 『ちいさなものたち』 『仔馬・羊たち』 他。

『戦後北海道農民運動史』 、エッセイ集 『ズボンについた草の種子』他、70冊におよぶ著書がある。

1966年「新しい子供の歌創作全国コンテスト」特賞。銅・石版画、絵画などの蒐集家としても知られている。