第37回受賞 黒羽英二『須臾の間に』

第37回(2004/平成16)受賞

黒羽 英二(くろは えいじ)『須臾の間に』




1931年12月6日、東京生まれ。神奈川県居住。

詩誌 「純粋詩」 を経て、 「時間」 「文学叙説」 「ぱろうる」 「新早稲田文学」 創刊同人。

のち 「銀河詩手帖」 「四海」 「芸象」 「潮流詩派」 「新日本文学」 「新現代詩」 等に所属。

詩集 『暗い村』 『遺跡』 『いのちの旅』 『黒羽英二詩集』『間奏曲』 『夜想曲』 『鐡道癈線跡と』

『須臾の間に』『月天心にありて』 『移ろい』。

受賞歴 「宝石短篇小説賞佳作」 「文藝賞」 「神奈川脚本コンクール」 「現代詩人アンソロジー賞」

「日本詩人クラブ賞」選考委員歴任。