第4回受賞 小野連司『鰻屋闇物語』

第4回(1971/昭和46)受賞

小野 連司(おの れんじ)『鰻屋闇物語』



1918年7月14日~1978年6月13日。函館で没す。

函館市生まれ。本名・連治。

函館商業学校在学中に肺結核を患い、以後40年間にわたり闘病生活。

詩誌 「日本詩壇」 「詩文学研究」 を経て、

戦後 「涛」 「純粋詩」 「地球」 「だいある」 「茴」 「帆」 同人として活躍。

詩集 『十三本目の万年筆』 『鰻屋闇物語』 『鰯屋繁盛記』 など、18冊の詩集を刊行。